創作同人誌個人サークル「ミルキー・SNOW」の中の人の雑記。 イラスト・模型・写真・日々の戯言その他色々。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
C87 新刊案内
2014-12-08 Mon 11:49
冬コミ情報です。

3日目の火曜日東ポ09b サークル「ミルキー・SNOW」にて新刊出しますー。

2014w.jpg
<喫茶maple garden朽葉色>

全28Pのカラーイラストと写真と短編漫画本です。
47454027_p1_master1200.jpg


過去の既刊も少しずつもって行きますので、当日はよろしくお願いします!!
スポンサーサイト
別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
創作本現状
2014-12-03 Wed 06:23
現在全ページペン入れ終了。
表紙完成。

明日からトーンとセリフ入れていく予定です。
果たして間に合うのか!?

ところでケモナーではなく、獣耳好きな人はケモミミナーでいいのです??(:3 _ )=
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お久しぶりデス
2014-12-01 Mon 22:46
何年ぶりでしょう・・・放置されていたブログをひっそりまったり再開していきたいなぁと思いまして・・・。

いやまぁ、とくに書くことはないのですが、現在冬コミ原稿絶賛修羅場中ッて感じです。
とりあえず12/24に一人寂しく飛行機にのり、蝦夷地から関東へ帰省予定です。

これからは一週間に数貝は更新できたら・・・いいな!!!


あ、最近の近況とかは基本全部ツイッターみればわかるとおもいまーす
柊にうのツイッターアカウント

じゃあのノシ
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
近況報告とPSU終了ご挨拶
2012-10-09 Tue 19:14
みなさまお久しぶりです。

さる9/27、このブログの当初の設立目的でもあったファンタシースターユニバース(以後PSU)がサービス終了しました。

自分にとってはじめてのオンラインゲーム(PSO自体はオフラインでずっとやっていましたので)だったPSUではいろいろなことを学ばせていただきました。
ネチケットの大切さ、アバターの向こうに人がいるということの大切さ、思いやるetc...

自分の配慮のなさで迷惑をかけ続け自分の前から去ってしまった方、それでも自分の周りで色々な注意や指摘をくださり、いまでもリアルで遊ぶような仲にまでなった方など、いろいろな出会いと別れがありました。

当時の自分にかわり、迷惑をかけた方々に「ありがとう」そして「ごめんなさい」をお伝えできればと記事にしてみました。

また、最終日は自分の院試験の前日ということもあり、ログインすらできず、当時一緒に遊んでくれた方への挨拶もできなかったのでこちらで失礼いたします。


1年と半年くらいの短いあいだでしたが、グラールで出会った全ての方へ。本当にありがとうございました!!

またどこかで会う機会がありましたら是非お会いしましょう。
自分は今はPSO2のship4でまったり活動中です。




そしてここからは近況です。

大学院博士過程に特待で進学決定いたしました。
これから先、研究一筋の人生になると思いますが、がんばって趣味である同人と模型は続けていきたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いします!

では、短いですがこれにて失礼します!!

にうでした
マタネ(・w・)ノシ
別窓 | PSU | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
実家に帰省してきました
2012-09-03 Mon 15:36
こんにちは、とてもお久しぶりです、柊にうです(´・ω・`)

さて早いものでもう9月。学会シーズンの到来ですね。



・・・尚この日記は学会資料を作るのに嫌気がさして現実逃避により書いています(ぁ
実家に帰省してきました…の続きを読む
別窓 | 趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シャドーペインss
2012-07-04 Wed 00:59
fgに投稿した改造レイノスの短編です。






「あー、あー。ゴホン…
フレイヤ、聞こえているかい?
―――……聞こえているんだろう?そんなに怖がらなくても大丈夫だ。
これは…そう、いまキミに繋がっているこの装置は、キミを完全にさせるために感情の起伏や思考パターンを最終チェックしているだけだよ。
…そうだな、そんなこと今のキミなら分かっていることだな、野暮だったよ。

今になってキミを戦場に送り出すことがこんなにも辛いことだと気付くなんて…
フレイヤ、ごめんよ。キミに澄み渡る綺麗な空を飛ばせてやれなくて。
キミを戦争の道具にしてしまったパパを許しておくれ…」






―ZAC2100年9月13日
西方大陸エウロペ ヘリック共和国領土内 ニューネリス空軍基地

レッドラスト砂漠の西、砂漠と荒野が交わる土地に佇むヘリック共和国の空軍基地に明朝、1機の飛行型ゾイドが搬入された。
ZAC2051年、いわゆる中央大陸戦争と呼ばれる旧大戦時にロールアウトされた超音速飛行ゾイド『レイノス』に似た外見をした機体だ。しかしコックピットであるはずのその部位には人の乗れるスペースは存在していない。無人戦闘ゾイドだった。
レイノスはヘリックの航空戦力を支え続けてきた名機だが、40年以上前に起こった惑星Zi大変動により個体数は急減、戦闘配備はおろか個体数の保全を行うのが最優先とまで言われたゾイドだ。ZAC2100現在、いまだ実戦配備には至っていない。

「旧大戦の名機にお目にかかれるとはなぁ…」
グスタフのコンテナから基地内のドッグに移送される機体を見上げながら整備士の一人が感嘆の声を漏らす。

「なんでも新型の量産が間に合ってないらしい。早ければ来年にでも実戦配備される可能性があるんだってよ。」
「実戦配備ってレイノスをかぁ?」
「あぁ、どうやら配備可能な個体数にまではもってこれてるって噂だぜ?」

そんな噂話好きの整備士たちの横を通過し、開発主任に挨拶を交わした基地司令官、ロゴッホ=イアンは、先ほど受諾所をサインした際に流し読みした本国からの命令書にいささかの疑問を感じえていた。
本国からの指令は以下のようなものであった。
曰く、後に実戦配備されることになるであろうゾイド「レイノス」の現役機としての評価試験を首都で行われたということ。
曰く、当基地に配備された運用機は次世代空戦ゾイドの尖兵として特殊なコア培養をされたものであるということ。
曰く、遠隔指令によるゾイドの運用と実戦配備。
曰く、器と人格の同調がうんたらかんたら。

試験機をそのまま実戦配備することは特に珍しいことではなかったが、命令書を読み進めるにつれて今回配備された機体が今までの常識外であることしか分からなかった。
搬入されたレイノスにはコードネーム『YRZ-039 シャドーペイン』が与えられていた。
機体は空中での視認性を低くするためか、グレーの塗装が施されており、旧大戦時にイアンが見たことのあるレイノスとは大きく異なるフォルムをしていた。

シャドーペインプロオジェクトの開発主任はアンヘル=ロアというニューヘリック工科大学の若手教授だ。椅子に猫背で座るその人物は年は30半ばであろうか。少しシワのできた白衣を羽織り長い銀髪を後ろで結わえていた。
「プロジェクト主任のロア教授…ですね?私はこの基地の司令官、ロゴッホ=イアンだ。」
「イアン司令官、お会いできて光栄です。えっと…まずはあの子、フレイヤについて簡単にご説明が必要ですよね?」
フレイヤ…まったくもって初めて聞く単語にイアンは疑問を抱くが、彼が何も言う前に投射モニターに搬入されたレイノスの図面が映し出された。

「フレイヤ、コードネームシャドーペインは全く新しい世代のゾイドです。それこそ最新鋭のストームソーダーすら凌ぐほどの。
今までもわが国でのスリーパーや、帝国ではケルベロス計画など無人戦闘ゾイドの計画は数ありましたが、そのどれもが中途半端の域を出ることはありませんでした。」

画面にはスリーパーゾイドとよばれる無人戦闘ゾイド、ガイサックやカノントータス、帝国の3つ首の虎型ゾイドや3機のセイバータイガーなど、第一機密とさえされる貴重なデータが次々と表示される。

「イアン司令官もご存知のとおり、スリーパーは所謂仕掛け方トラップ。自動操縦に改造されたゾイドがあらかじめ指定された範囲内に熱源反応が進入すると友軍信号を発していない場合は迎撃に向かうという簡単な仕掛けです。拠点防衛用の無人カノントータスもそれに近いものでして、範囲内の敵機を補足すると攻撃に移るという。いわば人員不足を補う無人ゾイドです。彼らには『敵と認識したものを攻撃する』という至って簡単な行動を野生体がもつ闘争本能で行うため、高度な思考というものは存在しません。」

画面は3つ首の虎型ゾイドと三機のセイバータイガーを表示する。
「また、ガイガロスの武器開発局で開発されたこのケルベロスも幻影を投射し、敵の乗り手が怯んだ隙にあらかじめプログラミングされた行動を3機のセイバータイガーによって行うというシステムですが、これはゾイドの本能そのものを押さえ込み指令中枢のみを発展させたものであり、結果的に3機とも闘争本能そのものがシステムを拒否するという結末を迎えてしまい、研究は凍結されました。」

「いま我が基地にあるあのレイノスはそれらを超えた無人機である…と?」

「えぇ…。そうですね、ガイロスの行ったケルベロス計画は、システム自体の完成度はものすごく高い代物でして。しかしゾイドも生き物である以上、支配されることを拒むのは当然のことなんですよ。ですから私はゾイドコアそのものと人類の知識の共存、もっと言ってしまえば融合を考えたわけです。
簡潔的に述べてしまいますと、シャドーペインにはその場その場で判断を下すパイロットが存在しない代わりにゾイド自らの意思で判断をします。それがフレイヤです。
ゾイドは通常、戦闘機械獣にされる際、コックピットなどの制御系等を搭載されるとゾイドそのものの意思というものは著しく低下します。
しかしシャドーペインにはパイロットとゾイドを繋ぐ制御系等が必要ない。ならばゾイド本来の意思を強調し、そこに人間的な倫理や習慣、思考パターンを時間をかけて学ばせるとどうなるか。さらにそこに莫大なデータベースを備え、個々の問題の最善の対処方法をゾイドそのものに考えさせるとどうなるか。」

…ゾイドはただの戦闘機械ではなく、物事を考え、そして自ら答えを導き出すことが可能になる。それも人間よりも機械に近い場所にいる存在である以上、処理速度や思考速度は人間の比ではなくなる。

「私はゾイドコアとスーパーコンピュータから成るそれらをひとつのシステム、一つの人格となし、それを『フレイヤ』と名づけました。」

「…なるほど。やっと君が先ほどから言うフレイヤが“誰”なのか分かった気がしたよ。」

「…当初はあと3人…3機分のゾイドコアがあったのですが…他の子たちは我々人類の知識を学ぶことに拒否反応が出てしまい…結果としてシャドーペイン一機のみが完成しました。」

ロアは目をつむり、一拍おいた後、重い表情で話を続けた。
「しかし…奇跡的に完成したフレイヤですが、一つ大きな問題を抱えています。」

「問題…?」

「フレイヤは…戦争が嫌いなのです。いや…これでは彼女を偽善者と偽ってしまうな。…もっと単純な理由でして。
ゾイドコアに性格があることは存じてます?これは極端な例えになりますが、ゴジュラスのゾイドコアとグスタフのゾイドコアを比べたらゴジュラスの方が闘争本能が強い。それと同じ様に、同じゾイド同士でも性格差はあります。…フレイヤは、その…極端に臆病なんです。
臆病だからこそ、拒否反応が小さかったというわけですが…。
…それではこれから彼女の能力の一端をお見せしましょう。」

壁に別のスクリーンが浮かび上がる。ネイビーブルーのバックに半透明の白い文字で「system:Freyja」の文字が現れる。
画面を見つめながらロアが手にしたマイクに話しかけた。

「フレイヤ、今までの会話、聞いていただろう?少しいいかな?」

しばらくの空白の後、画面に文字が打ち出された。
『> All Right』

「…なんと」
イアンの驚愕は当前のことだったであろう。ゾイドの感情が分かるゾイド乗りは数いるが、ゾイドの思考を人間基準にダイレクトに伝えるなど聞いたこともなかった。

「やぁ、しばらくぶりだねフレイヤ。」
『> Hello.』

ロアはさも当然のことのようにマイクで会話をしていた。

「ご覧のように、感情を伝えてくることも可能です。気分がのっているときはもう少しお喋りなんですが、大抵はそっけない返答が多いですけどね。」
ロアはまるで自分の娘を紹介するかのように誇らしげに述べた。

「新しいおうちはどうだい?前よりは少し狭いかな」

『> affirmation.』

「ふむ…」

『> …although, the sky to see is large.』

「…キミはフォローがうまいな。」

『> contradiction.』

「どうです?司令官。」
「…正直に言おう、驚いたよ。」

「では次にシャドーペインのスペックですが…」

壁には再度シャドーペインの図面が映し出された。
固定武装にAZ18mm対空ビーム機関砲2門。機体下部にマウントされた連射可能な60mm速射レーザー砲。
テイルユニットは大型のプロペラントになっており内部に超振動可変ブレードを内蔵。
次々と兵装やエンジンユニットの説明が行われていく。


しかしイアンは戦火を飛ぶことになったフレイヤの悲しみにまだ気付いていなかった。


-------------------------------------------------------------------------------

展示会出展用のレイノスのバックストーリーをつらつらと書いていたけどだんだん書くのが面倒になってきたので中途半端なとこで終わってるのはご愛嬌ってことでw
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
レイノスちょっと休憩。
2012-03-16 Fri 00:16
32.jpg
塗装ブースを修復したよw


また少し日が空いちゃいました、こんにちは!

おととい物資補給のために北見に行ってきました。

んでホビーオフでびんちょうたんのくぬぎたんのフィギュアが100円で売られてまして、ふと簡単にうちの娘に改造できそうだなぁと思って買ってもちかえってきました!
CA3G0201.jpg

作業時間3時間くらいのお手軽改造でしたw

あと、最近よく利用する北見の鳩屋という模型屋で1/72スケールの人間のフィギュアを探してました。
整備士的なのがほしかったのですが、見当たらず。しかしここはギル様やバイパーがふつうに埋もれていたお店。
発掘すればなにかいいものがあるのではと20分くらい戦闘機プラモのコーナーの棚の下のほうを探していたら見つけましたよ!!

CA3G0200.jpg

NATOのパイロットとデッキクルーのセット!!すげー!ピンポイントにほしかったものだwww





さて、レイノスですが、この記事を書いてる今現在、絶賛塗装ちゅうでございます。

塗装前のサフ状態レイノスがこちら

31.jpg

続きは100均で材料のそろう簡単ジオラマの作成紹介です
レイノスちょっと休憩。…の続きを読む
別窓 | ZOIDS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
続々。続・レイノス
2012-03-07 Wed 15:18
昨日は特に大きい改造もせず、ただ尻尾のユニットは着脱可能にしたかったのでネオジム磁石を本体とユニット内に内蔵して着脱可能にしたくらいです。

さて、あとは表面処理だけでサフに移行できるので、学校で暇な時間にカラーリングを考えてました。


4_20120307150741.jpg
もとのレイノスに近いカラーリング。これはこれでありかなぁと思うけどそれだと面白みが無いのでいろいろいじってみた

1_20120307150742.jpg
製作当初のイメージはシルフィードだったのでカラーリングを当初のイメージの白系統に置き換えてみる。
うーん・・・?なんか違うなぁと・・・

3_20120307150741.jpg
実際の戦闘機らしくグレー系統に。
これはアリだと思う。というかこれでいこうかと思います。



ほかにも2つほどいいなぁと思ったのがあったんでのせてみる

2_20120307150742.jpg

ナイトメアプラスみたいなダークグリーン。これもかっこいいと思うんだけどグレーと迷うね。

5_20120307150740.jpg

キャノピーを塗装すること前提になるけどまったく意表をついたカラーリングでパープル。
無人超音速戦闘機ということでちょっと派手めに。



たぶんグレー、白、ダークグリーンのどれかで決まると思います。いまのとこやっぱグレーで決まりかなぁと思います


次回は最終表面処理おわらせてサフ写真上げられたらいいなぁ
別窓 | ZOIDS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
続。続・続レイノス
2012-03-06 Tue 03:54
今日はとうとうすべての部品が一つにつながっていきました!!


やったね!

今日やった箇所
・胴体内部のロック機構(胴体の上下がポロポロはずれちゃってたので中で固定できるように加工
・翼の付け根を胴体に接着
・翼のブースターカバーと昨日以前に作ってたスクラムジェットユニットのサイドエアインテークが干渉してて可変ギミックに影響が出てたので削って調整
・ゾイドコア部から背中のエンジンにスプリングを接続。伸縮ギミック内臓。
・後ろの見た目的バランスのために可動式垂直尾翼増設。


こんな感じですね。なんか翼が付いて全貌が見えてきたときは少し感動でしたw
続。続・続レイノス…の続きを読む
別窓 | ZOIDS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
続・続レイノス
2012-03-05 Mon 04:47
今日いじったとことか。

20.jpg
折り畳み式の脚部・・・というか設置脚を作成。
折りたたむと安定翼になります。写真は上下逆さまだけど取りあえず収納時。

21.jpg

収納時に後ろにバーニアが露出するように改造。細かいとこだけどけっこう見栄え変わりました。

23.jpg

ジャンクのウィングのツインバスターライフルの片割れ(もう1つは改造ガンスナのしっぽに使われました)を暇だったので試作運用兵器っぽいせっていでゾイド用に改造。
持ち手を外してゾイドのウェポンラックに口径あうダボ穴つけるために後ろをプラ板で延長。
プラ材と市販のプロペラントタンクで冷却剤タンクをつくって試作ぶきらしさを。
あとはプラ板とパーツ切除したときに出た切れ端でディテールアップ。





オマケ

22.jpg

組み替えてたらアリクイのようなペンギンのような変な物体ができましたwww
別窓 | ZOIDS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
続・レイノス
2012-03-04 Sun 18:13
昨日おとといで多少進んだのでわかりやすい部分だけを適当にぴーっくあーっぷ(*´・ω・)ノ ・゚.


17.jpg

胴体下に空冷式ビームキャノンユニット。
裏側は装備後も見える部分だけプラ板でディテールアップ済。うらっ返しても装備できるのでどっちを表にしようかまだ悩んでます。

18.jpg
スクラムジェットユニット。
これは可変翼展開時、ようは低速時のジェット使用前。エアインテークは4か所ついてますが胴体内部にしゅうのうされてるためジェットエンジンは使えません。

19.jpg
展開時。可変翼は根元から伸ばすと展開、縮小すると収納状態になり、可変翼をたたんでるとエンジンブロックに干渉するのでエンジンユニットごとななめ上に引き出します。そうすることで4つのエアインテーク露出。空気吸入が可能になりジェットがつかえるって設定。

今日はこれから足を作ります。最初は1/100プロヴィの肩を使う予定だったけど、フレームアームズのシュトラウスのあたまがいい感じに使えそうなので路線へんこうしてそっちで行こうかと!

マタネ(*´・ω・)ノ ・゚.
別窓 | ZOIDS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
レイノスいじってます。
2012-03-02 Fri 02:52
唐突な始まり方ですが・・・・


レイノスいじってます



あ、今回もゾイドネタで模型ネタです。




きっかけはコレ↓

23846985_m.jpg


去年の冬コミでうちが出したコピ本の表紙ですが、その表紙を飾った右下のレイノス。

こいつを札幌ゾイド展示会に出展するよう作り始めました。
レイノスいじってます。…の続きを読む
別窓 | ZOIDS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 雪みるく。 | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。